プレートタイプとブラシタイプ

ヘアーアイロン

ストレートアイロンの種類は大きく分けると2つであり、ひとつはお馴染みのプレートタイプ、もうひとつは取り扱いやすいブラシタイプです。昔からあるプレートタイプは、長細いプレートが付いているのが特徴であり、スイッチオンでプレートを温めて使います。プレートは一定の温度まで上がりますので、熱が加えられたプレート部分で毛髪を挟み真っすぐにしていく使い方です。髪の毛をダイレクトに挟んで熱で伸ばすのでクセは思い通りに伸びてくれますが、高熱を加えるので長時間の使用には注意が必要になります。繰り返し長時間使い続けてしまうと、熱が加わりすぎて毛先がダメージを受けてしまうためです。しかし適度な時間と頻度さえ守れば、すぐに毛先が傷んでしまうようなことにもなりません。もう一つはブラシタイプであり、特徴はブラシ型であるということです。髪の毛はブラシでとかすことでクセを直して、理想通りの真っすぐなスタイルにしていくことができます。とはいえ仕上がりは直毛になるというよりも、どちらかというと自然な仕上がりです。ヘアスタイルを全体的にふんわりとさせたい時にはピッタリであり、ブラシのところは使っていても高温になることもありません。

真っすぐが長時間持続して艶やかな髪の毛に

ヘアーアイロン

髪の毛のお悩みで多いのはくせ毛であり、そのままを活かしたヘアスタイルも可愛いですが、サラサラヘアに憧れる人は少なくありません。普通にブラシでとかしてみても、ヘアスプレーを吹きかけてみても、思うように簡単に真っすぐにならず、サラサラヘアを諦めてしまいがちです。そこでストレートアイロンの出番であり、専用機器だけに理想的な髪形を実現させてくれます。大きなメリットはストレートアイロンを使うことで、くせ毛も楽々真っすぐになるということです。ごわついて見えがちなくせ毛であっても、ストレートアイロンで伸ばせば艶も出てきて美しく見えます。自分の髪の毛を美しく見せて真っすぐにする、これを短時間でやってくれるのは大きな魅力です。ドライヤーでもある程度真っすぐにはなりますが、ストレートアイロンを使うと仕上がり後のもちもよく、長い時間真っすぐな状態を保つことができます。美容室で縮毛矯正をして真っすぐにする方法もありますが、定期的に行う必要はありますし、費用面もばかにはなりません。その点ストレートアイロンを使えば、縮毛矯正のような出費はかからず、コストパフォーマンス面でも優れていると言えます。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3